1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
k-box(小説HP)
小説のサイトが出来ました!お暇な時にでも、覗いてみて下さい。
お世話になっています。
参加しています。
ぽちっとして頂ければ。 ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
FAVORITE
オススメ
結婚報告はがきビーリング

結婚された方は、ご報告にいかがでしょう?
口コミNo.1の結婚報告ハガキ



家計図作成相談所
自分のルーツを探ろう!思いがけない自分が解るかも……?
家系図,家計図
MOBILE
qrcode
OTHERS

公募の人。

公募入選を目指す30代主婦の修行日記。日々、精進、精進。
<< お騒がせしました | main | 具合がね、良くないらしいです >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | - | -
男盛りの色気。ブラピに思う

毎日のようにワイドショーなどで話題になっていますが、ハリウッドスターブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー夫妻が来日しています。


 私は昔、ハリウッドスターと言えばブラピしか思い浮かばないほど、ブラッド・ピットに熱中していた頃がありました。現在40代も半ばのブラピですから、当時は30代前半であられたのだろうと思います。



 とにかく、美しい。
 男性にそんな形容詞をつけるのは稀かと思いますが、当時のブラッド・ピットは本当に「美しい」という言葉がぴったりな容姿をしておられたと思います。


 まさしく、神の采配にして出来た、(西洋人の)最高傑作。


 (古い話になりますが)アラン・ドロンやヘルムート・バーガー(偏ってます?)も美しい。でも、どこか性的な香りのする彼らに比べて、ブラピはまさしく「王道の」美形であって、「正統派」で「優等生」なイメージがずっとありました。
 しかし彼はそれだけに止まらなかった。
 進化を続け、俳優としての幅を広げ、ついに「生涯の伴侶」と呼べる女性(アンジー)を得てからは、社会的な活動にまでその分野を広げました。



 そして年を重ねたブラッド・ピットの男前なこと!

 ……完全にやられてしまいました。あの色気、深み、そして笑顔……。
 どこをとっても、外側だけ綺麗な俳優さんではありません。なにかもう、同じ人間とは思えないくらい、もの凄いオーラです。


 
 そしてもうひとつ私がこのご夫婦に惹かれているのは、その「家族」としてのあり方。
 実子・養子区別無く愛情を与え、本人達は籍を抜きにして最高のパートナーとして立っている。


 以前に、日本らしい「家族」としての枠組みや親子関係(養子縁組・里親制度)についての小説を書こうとしていた私には、改めてこのブラピやアンジーの示す「家族」の姿に感銘を受けました。(もっとも、日本とあちらでは”血縁”そのものの考え方に違いがあるのでしょうが)



 こうして”父”として”男”として深みを増す俳優さんが、日本でも多く出てくれると嬉しいですね。

 最近では、仲村トオルさんや江口洋介さんなどが、年齢と共にその存在感を増しているような気がしています。(共に、お子さんを持つ家庭人でもあります)……個人的な趣味ですが。でも私が一番好きなのは中村橋之介さん。←理想。


 日本のファンにも優しく接してくれたブラピ夫妻に、本当に感激しています。
 映画もしっかりチェックしておこうと思います!(レンタルまでお預けなのが……泣)



 


comments(4) | trackbacks(1) | 雑記
スポンサーサイト

- | - | -
コメント
作造さま

コメント、ありがとうございます。

いえいえ、お忙しいのは解っていますので、あまり無理なさいませんよう。私の(コメント書き)は、本当に半分趣味のようなものですから。
お仕事も執筆も大変な時でしょうから、気が向いた時にでも遊びに来ていただければ、それだけで嬉しいです。

やはり「家族」についてのあり方や考え方は、その地方や文化圏においてまったく違うのだろうと思います。
様々な考え方があってもちろん良いのだと思いますが、血が繋がっていても凄惨な事件を引き起こすこともありますし、逆に、まったくの他人同士が上手に生きている例もありますし。人間とは、不思議なものです。

アンジェの社会貢献は、アメリカでも高く評価されているのだそうです。
地位や名声やお金だけでは無い。
彼女の大事にしているものは、人として大事な事を教えてくれますよね。

また、いらして下さい。
| さくら | 2009/01/31 2:55 PM |
最近、個人的に忙しかったこともあって訪問出来ずにいました。いつも、私のところには、いらして下さっているのに、本当申し訳ないです。

アクセス数0って、そんなトラブルがあったとは……。
アクセス数って、サイトの編集画面に書いてある、アレですかね?
(……よく分かっていない)
本当に、大変でしたね。

養子縁組……、里親制度、私の身近では、いろんな考え方がありますね。やはり、血縁を重んじている人が多い感じです。これから、色々とそういう価値観も変わっていくと思うのですが……。

アンジェとブラピの夫婦は素晴らしいですよね。
アンジェが子供達のためなら命も賭ける……?とかいうことをインタビューで答えていたのを、格好良く、勇ましく感じました。

また、さくらさんのサイトにも顔を出したいと思います。
よろしくお願いします。
| 作造 | 2009/01/31 1:34 PM |
雪湖さま

いつもコメント、ありがとうございます。ご心配をお掛けしました。「ホッとしました」という有難いお言葉、本当に嬉しいです。

私の住む地域でも、養子縁組のしきたりがあります。しかし、「苗字が変わること」に抵抗のある男性も確かに多い様子。女性は、変えるのが当たり前のように思われているんですが。(現在は、そうでも無いご夫婦もありますが)

子供の少ない現在だからこそ、これから家族関係はますます変容していくのでしょうね。
確かにブラピ夫妻の真似は到底出来ませんし、今の日本においてはまだまだ「イエ」の考え方が血縁中心だとは思いますが、それでも様々な夫婦の形があり、家族の形がある。
それを認めていけるような社会であって欲しいと思っています
| さくら | 2009/01/31 12:01 PM |
こんにちはー。
カウンターの件、ホッとしました。良かったですね!

私が嫁いだ地域ではまだ養子縁組のしきたりが残っています。なので親戚の中でも、実の兄弟でありながら違う苗字の人が数人います。このあたりではよくあることだそうで。

ブラピとアンジェのような生き方は本当に素敵だと思います。たとえ真似はできなくてもその考え方に賛同できる部分はありますね。
| 雪湖 | 2009/01/30 8:04 PM |









http://koubonohito.jugem.jp/trackback/216
トラックバック
ブラッド・ピット、自宅に入れず右往左往
ヘルメット姿のブラッド・ピット、自宅に入れず右往左往ブラッド・ピットの自宅のセキュリティーは堅固なまでに守られているようだ。ピット本人でさえ門前払いを食らってしまったという。英紙サン(電子版)が伝えた。 ハリウッドのホテルで打ち合わせを終えたピット。
| あの人はこんな方 | 2009/02/13 3:06 PM |